少し仲良くなると説教をしたがる男性の本音

「一癖ある男性」世の中には、いろんな人がいますね。
これは男女問わず言えることですが、なかには性格的に癖のある方もいらっしゃいます。

そして出会ってから、まだ間もない方などは、時間が経つと最初に思っていた印象とは、随分変わる方もいますね。

最初は気に入ってもらうために優しい

例えば見た目と性格のギャップ、女性であれば静かな感じかと思えば、喋ったら意外と喜作だったり、男性であれば、草食系かと思いきや肉食系だったり、初対面では意外とわからないことばかりです。

これが恋愛となると、更にわからなくなりますね。
最初の頃は、気になる相手に対して気に入ってもらう為に、本当の自分より優しく接したり、しっかりしているように振る舞ったり、相手に対してよく見せようとして格好つけてしまうこともあります。

着飾ることや、格好付けることは決して悪いことではなく、誰でもやってることです。
これを恋の駆け引きともいいます。

説教をしたがる男性の特徴や心理とは

しかし、知り合ってから時間が経つにつれ、相手のことがよくわかってきます。
そして少しずつ仲良くなってくると、説教をしたがるような男性も見受けられます。

説教をしたがる男性の特徴や心理とは、いったいどのようなものなんでしょうか?

「君のために僕は言ってあげてるんだよ」と他人にお節介な説教をする人は、実はあまり周りのことや相手のことが理解出来ていないことが多いです。

説教をしたがる男性は、人の為と言いつつも実は自分の欲求を満たす為に、他人に説教をしていることで満足していることもあります。

その欲求とは、自分の中の強い正義感のこと

間違ったことや、曲がったことが大嫌いな正義感の強い人は、最もらしいことを言って、正義感を振りかざしています、つまり説教を他人にすることによって自分の中の正義感を満足させているのです。

本当に他人のことを思って説教しているわけではないことも多分にあります。

それともうひとつが、説教することによって吐き出した自分の言葉に酔いしれてしまうことですね。つまり、自分の言葉で相手のことをけん制しようとするのです。

説教好き男性との恋愛は疲れるかも…

恋愛相手としたら、付き合いが長くなるほど、ことあるごとに説教されてしまうようでは、たまったものではありませんね。

このような説教好きな男性は、恋愛のパートナーとしては、あまりおすすめできませんね。

恋愛においては、特に自分勝手なタイプの男性が多いです。このような男性はエスカレートする傾向がありますので、女性の皆さんは注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする