視界に入れない男性心理

女性にとって気になる男性がいた場合、その男性のしぐさや行動によって、その男性の恋愛心理を知ることができます。様々なパターンがありますが、今回は視界に入れない男性の心理について探っていきましょう。

男女間だけでなく人と人とのコミュニケーションをとるためには、会話をします。その前に相手を見ます。

会話をする時には、当然顔を前にして話しをするのですが、表面上は顔を向けていても視線は、全く違うところを見ている場合もあります。他人の目を見て話さない人もなかにはいますね。この行動は、既におわかりのことと思いますが避けているということです。

視界でわかること

人間好き嫌いがあるのは仕方のないことです。誰でも合う人、合わない人は存在します。視線を合わせる合わせないかで、その人が苦手であったり、嫌いであったりすることは、わかりますね。

つまり、苦手なものは、人間避けたい傾向があります。
できれば関わりたくもないし、視界からも消えてほしいと思うのが本音でしょう。誰だって嫌いな人物をわざわざ視界にいれたいとは思いませんよね。

視界に入れない男性の心理としては、嫌いな女性に対する行為なんです。

好意があるかないかで変わる視界

行為を持っている女性に対しては、男性は逆に常に見ていたいはずです。好きな女性については、ついつい目で追ってしまうものです。これは、無意識に行っていることです。

気になる相手の女性のことが、いつでも気になる為、いつも視界にいれておきたいはずなのです。まぁ、これが度を越して歪んだ感じになると、ストーカーと言われてしまうので気をつけましょう。

好きな人を目で追ってしまう、視界にいれておきたいという行為と全く同じなのは、嫌いな人を無意識に視界から外してしまうという行為です。

あなたの気になる男性が、もしあなたを視界から避けているなら、残念ながら脈はありません。これは、人間的にも関わりを拒否していることになります。

そして目付きや視線は、心を映し出す鏡となっています。男性は女性から視線を読まれないように、逆に女性は、男性の向く視線を見極め、相手が何を考え、どう思っているのかを見極めましょう。

人の心は視線に現れます。それを隠すことも、そしてそれを見抜くことも、ひとつの恋愛テクニックであり、心理作戦でもあります。

相手の目を見ればわかることも多々あります。視線の先に真実があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする