女性と歩くとき早足の男性の心理


普段の生活の中で、男性と一緒に歩く場面ってありますよね。
そんな時の歩くペースによっても男性の恋愛心理というのが、垣間見えるんです。

何気ない普段の生活のワンシーンの中にも、少しの行動の特徴から男性の心理を把握することができます。

今回はそんな日常のシーンから「女性と歩くとき早足の男性の心理」について探っていきましょう。

男性が女性と歩く時の意識

男性が女性と一緒に歩く時の意識ですが、まずシチュエーションとしていろんな場面が考えられます。例えば、基本的に男性と女性が二人っきりで歩く場面ですね。

・職場などの休憩中、コンビニの買い物であった男女の同僚が、同じオフィスに戻るわずかな時間。

・朝の出勤時、職場の最寄り駅で会って駅から職場まで、一緒に向かう時。

・仕事関係で取引先などに出かける時。

このようにささいなシーンがいくつも思い浮かび上がりますね。
もちろん、普段から気心が知れたような男女の二人の間では、歩く時に会話しながら普通に歩くでしょう。なかには、仏頂面で何の会話もない組み合わせもあるかもしれませんが、そんな人とはそもそも一緒には歩かないでしょう。

女性のほうもわざわざ嫌な人とは、一緒には歩きませんよね。一緒に歩くという行動自体がそもそも互いに心を開いていることになるのです。

更に歩く時の速度ですね。これを意識しているかどうかで、男性が女性に対する心理が垣間見えます。

歩く時の速度と心理

男性が女性と歩く時の速度の違いですが、男性が女性のペースに合わせて、歩く方の場合は、
女性のことを女性として意識しています。

これは、好意があるかないかは関係なく、レディースファーストとして男性が女性に合わせてあげることですね。このような男性は優しくて気使いもできる素敵な男性です。しっかりしている男性ですね。

逆に女性と歩くとき「早足の男性」ですが、このタイプの男性は、恋愛対象として女性を意識している場合と全くそうでない場合があります。

全く意識していたいタイプですが、マイペースな男性で、レディースファーストも気にしない気配りの出来ない男性です。また恋愛対象として意識しているタイプは、焦りから足早になりがちです。

好意のある女性と二人だけで歩くこと自体が嬉しいのです。そして興奮もしており、緊張もしてしまうこともあります。つまり、焦りから足早になってしまうからです。これは、男性が女性のことを意識するあまりの行動の現れですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする