【恋愛心理】謝る男性の心理

喧嘩をした時やちょっと怒った時にカレはすぐに謝ってきてりはしませんか?
謝ってくれないのは問題ですが、かと言ってあっさりと謝ってくるのも考えものです。

それが心からの謝罪なのか、建前で謝っているかはしっかりと見極めなければなりません。
すぐに謝る男性の恋愛心理について考えてみましょう。

自分をしっかりと持っていない

何かの言動を指摘された時や喧嘩をした時にすぐに謝れることは潔がよいとも言えますが、逆を言えばそこまでこだわりを持っていないとも言えます。

つまり自分の信念がそこにはあまりないのです。なので指摘をされれば簡単に謝ることができます。自分の意見を通すくらいならあなたに嫌われたくないとう心理も働いてすぐに謝ってきます。

良くも悪くも自分の考えはあまりもっていないのであなたに合わせてこうようとしてくることもあるでしょう。都合よく考えるのであれば、あなたの好みに合わせたカレに育てることもできるかもしれませんね。

謝れば済むと思っている

すぐに謝る男性は女性は謝れば満足するだろうと思っているフシがあります。
話がややこしくなる前にさっさと謝っていた方が得策だという思いがあるのです。反省してすぐに謝るのなら良いのですが、この場合は形だけの謝罪がほとんどです。

そのため、また同じことを繰り返しては怒られてまた謝るという流れが止まりません。

謝ることで誠実な男を演出しているつもりなのでしょうが、逆に不誠実極まりない対応と言えます。大げさに言えば心のどこかで女性を舐めている部分があります。そんな男に騙されては面白くありません。カレの謝罪が本物なのかしっかりと見極めましょう。

あなたに対して遠慮がある?

何かあった時にすぐに謝るシチュエーションで思い浮かぶのが仕事の現場です。上司やお客さんとのトラブルが起こった際にはまずは謝罪が必要です。自分の主張は二の次です。
なんだか似てはいませんか?すぐに謝る男性は恋愛に仕事の感覚が混ざってしまっているのです。

それが何を意味するのかというと、あなたに対して遠慮があるということです。
自分の主張を通すよりもあなたに気を遣って謝ってくるのであれば、健全な恋愛とはいえないのではないでしょうか。お互いに歩み寄って本音で話せるようになってほしいです。

謝るのは男性の常套手段

相当に我の強いオレ様タイプの男性を除けば、すぐに謝るのは男性側のトラブルを回避したいという心理からの常套手段と言えます。

謝ってくれるのは悪いことではありませんが、「すぐに謝ってくれたらから優しい人」とは短絡的に考えないで男性の本音を読みとってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする