パーソナルスペースに入ってくる男性心理

世の中には、様々なタイプの人間がいて皆それぞれ、主義主張や物の観点、価値観などは違います。男女においては、生物学的にみても当然違いがあります。

特に恋愛に関しては、その男女の心理の違いなどをしっかりと理解している人こそが恋愛上手と言えます。

男にも、女にも相手にとっての理想というのはあります。その理想に近ずくことで異性からもモテたりするのです。今回は、「パーソナルスペースに入ってくる」そんな男性の心理について触れてみます。

もともとの男性の特性

そもそも男性というのは、特性的にみてもパーソナルスペースに踏み込むのが苦手なんです。

特に気になるタイプや好きな女性に対しては、なかなかパーソナルスペースに踏み込むことができないのです。それどころか逆に本気で好きな女性を避けてしまうこともあります。

これは女性のことを好きなあまり、気になって仕方ないのにもかかわらず、逆に近ずく恐怖心があるからです。変に話しかけて、近ずき相手に嫌われたらどうしようと思ってしまったり、考え過ぎてしまうことが原因です。

男性がパーソナルスペースに入ってきた時の理由と心理

男性が女性のパーソナルスペースに入ってきた時の理由ですが、女性に対して好意的な印象があるからです。つまり好きだからこそ、近ずきたいし、もっと相手を知りたい、もっと相手を感じたいと思っているからです。

この度合いは近ずく距離感にも現れます。
その距離が近ければ、近いほど女性に対しての思いや興味が強いということになります。

女性からすれば、あなたのパーソナルスペースに入ってきた男性は、あなたのことに気があると受けとってよいでしょう。

パーソナルスペース=恋愛のサイン

つまりパーソナルスペースに何気に入ってくると感じる距離感の場合、それは恋愛のサインでもあります。女性にとっても、ちょっといいなと好感が持てるような男性を近くに感じたらドキドキしちゃいますよね。

逆に苦手なタイプや、嫌いな男性がパーソナルスペースに入ってきた場合は、女性のほうは、嫌悪感を示し警戒します。そしてストレスも抱えています。

気になる女性のパーソナルスペースに入りこむ場合、男性は女性の様子も注意深く見ましょう。もし、女性が嫌がっている場合は、もう少し距離をとるかあきらめましょう。

特に職場などではセクハラ扱いとされてしまうかもしれません。それほど、パーソナルスペースとは、繊細なスペースなのです。相手との物理的な距離感と、心の距離感も大切にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする