私にだけ?怒る男性の心理って?

お付き合いしていると様々なタイプがいます。男女の関係やそれぞれの性格、習慣、考え方、価値観などの違いから、恋愛のパターンも実に様々です。

パートナーが違えば、「恋」は、全然違うものとなります。
また結婚においてもパートナーが違えば、生活スタイルも全く異なるのです。
恋愛は千差万別。相手が違えば全てが変わってきます。

そんな中で今回は、女性からみた男性の恋愛心理のひとつを探っていきます。今回のテーマは、「私にだけ?怒る男性の心理って?」実際、お付き合いされている方にもいらっしゃるのではないでしょうか。

私にだけ怒る男性のタイプとは?

恋愛関係にある二人の中で、彼氏が彼女に対してだけ怒る男性のタイプですが、このような男性は自信家の方が多く、外面的には好印象という方が多いです。
そして社会的にもある程度のポジションと確固た存在感を持っている方が多いです。

実は、このような男性というのはストレスを抱えていることもあります。
社会での自分は、外向き用に作ったもので、内面や心理は実は違っている場合もあります。
社会的にみると、仕事関係や職種、職場環境などによっても
実は少なからず誰しも演じていることには、変わりはありません。
どんなに、裏表がないと言われる方でも多少のキャラをみんな演じています。

彼女だけに怒ってしまう理由

少なからず内と外では、皆さん多少のギャップを持って生活していますが、彼女だけに怒ってしまう男性というのは、このギャップが広いことがあります。

そのギャップの広さがストレスの大きさにあたるのです。
つまり、その矛先として彼女に対してだけ怒ってしまうということに繋がるのです。

しかし、これは彼氏が彼女に対して、ただやつ当たりしているというわけでもありません。
彼女に対してだけ怒るというのは、相手に対して素の自分を見せているということにもなります。

怒りっぽい男性は、実はさみしがりやなのです

このような男性は、心を解放し何も考えず、本来の自分を見せて接しているのです。
他者に対して、怒ることがないのは、外向きな自分を演じている傾向が強く、本来の自分を抑制している傾向が強いからです。

他人には決して自分を見せないということですね。
恋人となった特別な相手に対してのみ、本当の自分を見せて心を開いているのです。そして弱さもあります。そんな男性を広い心と女性ならではの母性で受け止めてあげることが上手くいくコツです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする